介護保険について

介護保険とは、病気や加齢により日常生活に介護や看護が必要となったり、リハビリを受けたり、自宅での介護が出来る環境を整える場合などに介護サービスを受けられる制度です。

介護保険サービスを利用するには?

介護保険サービスを受けるためには、介護認定を受ける必要があります。認定を受けるためには、お住まいの区の保健福祉課(札幌市以外の方は市町村の介護保険申請窓口)へ申請します。申請用紙は窓口にあり、ご家族の代理申請も可能です。65歳以上の方は介護保険証を、40歳以上65歳未満の方は健康保険証を持参します。また、申請時に主治医の氏名・連絡先等の情報が必要になりますので、事前に控えておくと良いでしょう。
介護保険を利用できるのは、65歳上で介護が必要と認定された方、または40歳以上65歳未満で以下の16種類の病気により介護が必要と認定された方

①筋萎縮性側索硬化症 ②後縦靭帯骨化症 ③骨折を伴う骨粗しょう症 ④シャイドレガー症候群 ⑤初老気における認知症 ⑥脊髄小脳変性症 ⑦脊柱管狭窄症 ⑧早老症 ⑨糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症 ⑩脳血管疾患 ⑪パーキンソン病 ⑫閉塞性動脈硬化症 ⑬慢性関節リウマチ ⑭慢性閉塞性肺疾患 ⑮両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症 ⑯がん(医師が一版に認められている医学的知見に基づき回復見込みがない状態に至ったと判断したものに限る)

保険サービスの流れ

高齢者にも対応できるバリアフリーの住宅物件に食事や介護サービスを付加し、賃貸形式にて住居を提供します。入居一時金が必要な有料老人ホームや介護付きマンションになかなか入居できない人たちのために入居時に賃貸契約にて入居でき、特別養護老人ホームのように入居判定がなく、誰でも入居できます。費用は敷金と家賃であり、食事や介護サービスの利用は必要に応じて選択できます。

どんなサービスが受けられるの?

[通所・入所によるサービス]

①デイサービス(通所介護)/デイケア(通所リハビリ)施設の送迎車で施設へ通い、入浴やレクリエーションやリハビリを受ける。②ショートステイ(短期入所生活介護・短期入所療養介護)短期間施設に入所して、必要な介護や機能訓練などを受ける。③小規模多機能型居宅介護住み慣れた家・地域での生活を継続しながら、利用者の状態や必要に応じて、「通い」を中心に「泊まり」「訪問」の3サービスを組み合わせて提供する在宅介護サービスを受ける。

[施設サービス]

①介護老人保健施設病状が安定していて、リハビリに重点を置いたケアが必要な方が入所。②特別養護老人ホーム常時介護を必要とする方が入所して介護や健康管理を受ける。③介護療養型医療施設長期療養が必要な方のための医療機関の病床。④小規模多機能型居宅介護住み慣れた家・地域での生活を継続しながら、利用者の状態や必要に応じて、「通い」を中心に「泊まり」「訪問」の3サービスを組み合わせて提供する在宅介護サービスを受ける。

[訪問サービス]

①ホームヘルプホームヘルパーが自宅訪問して、身体介護(食事・入浴・排せつ)や生活支援(掃除・調理等)を行う。②訪問看護訪問看護師が自宅を訪問して、主治医と連絡を取りながら病状観察や必要な手当てを行います。③訪問リハビリテーション専門のスタッフが自宅訪問して、日常生活の自立を助けるためのリハビリを行います。④訪問入浴入浴設備や簡易浴槽を用意した移動入浴車で自宅訪問して、入浴介助を行います。

[その他の在宅サービス]

①認知症対応型共同生活介護(グループホーム)認知症の方が生活支援や機能訓練を受けながら共同生活をする。②福祉用具のレンタルまたは購入車いすやベッドなどのレンタル、ポータブルトイレ、入浴関連用品などの購入費の給付。③住宅改善費用の支給手すり設置、段差解消など、対象となる工事を行った場合、費用の一部を給付。

タイトルとURLをコピーしました